こんにちはゲストさん。会員登録されている方は[ログイン]してください。


商品カテゴリー



山の道具の選び方
LODGE CONCEPT
クレジットカード
SONY CARD ソニーカード

温泉情報「予約宿名人」
ウェア
品 名 ハイキング 日帰り 小屋泊 参考重量(g) 備 考
アウター 500 防風、防寒に適した軽量コンパクトなもの
ベスト 300 目的に合わせた収納スタイルを選択
長袖シャツ 350 ウールやダクロンなどの山シャツやラガーシャツ
Tシャツ 200 吸水、速乾性のもの
ズボン 400 ストレッチ性があり乾きやすいもの
アンダーウェア 300 状況に応じて速乾性、保温性に優れたもの
防寒着 700 フリースジャケットなど
レインスーツ 700 ゴアテックスの雨具が快適
ソックス 100 厚手のウールを
手袋 60 レイングローブやウールの薄手を
帽子 60 つばの広い軽いものを
着替え 600 雨に濡れたときや、帰路さっぱりしたいとき
一般登山用具
品 名 ハイキング 日帰り 小屋泊 参考重量(g) 備 考
登山靴 500 防風、防寒に適した軽量コンパクトなもの
ストック   250 適切な使用は疲労を軽減
スパッツ 150 残雪や雨のときの必需品
ザック 1600 山行と体型にあったものを
ザックカバー 150 ザックの容量に合わせて
雨傘 200 風のない平坦路では快適
水筒 100 1L〜2L位。夏場は飲み水は十分に
ヘッドランプ 150 事前のチェックと電池や球の予備を用意
地図 50 国土地理院発行の地図か市販の登山地図
コンパス 30 地図が透けて見えるものが使いやすい
ガイドブック 必要部分をコピーして事前に熟読しておくこと
ナイフ 30 ブレードをロックできるものが使いやすい
タオル 30 吸水性のよいものを
スタッフバッグ 50 小物袋でコンパクトパッキング
ロールペーパー 50 水にとけやすいものを
ゴミ袋 10 スーパーのレジ袋など2〜3枚持っておくと便利
時計 60 高度計の付いたものが便利
カメラ 200〜800 美しい思い出や高山植物は採らずに撮る習慣を
筆記具 50 防水手帳に消しゴム付きの鉛筆
健康保険証 5 いつもコピーを携行しよう
ライター 40 スタッフバッグの底にいつも忍ばせておこう
ツェルト     500 最悪の事態に備えてグループで用意
コンロ   100 小型のガスコンロが使いやすい
燃料   220 日程に合わせて用意
小型コッフェル   300 人数に合わせたものを
救急薬品セット 200 擦過傷や体調不良に対応できる医薬品
非常食セット 500 高カロリーな食べやすいものを
※◎・◯は必要装備、△は状況に応じて用意するもの ※入山時には必ず登山届を提出しましょう
※これはある程度の目安です、目的地や気候によって装備は変わってきます
 
プライバシーポリシー法規表示サイトマップお問い合わせ